高3の時の同級生が風俗嬢

ソープを勘違いしていました

ソープに関しては他の風俗では超えられない一線を超えられるという認識でした。でも、そうじゃないんだなってことに気付かされたのは、実際にソープで遊んでみてからなんですよ。いろんな風俗で遊んでいるんです。それならソープでもって気持ちになるじゃないですか。とりあえず他では出来ないことが出来るというくらいの知識でソープで遊んだんですけど、結果はと言えば想像以上と言うか、確かにその点も満足感がありましたけど、むしろそれ以外の部分ですね。接客態度とかこちらへのおもてなしとか、今風に言うならホスピタリティですかね(笑)その点こそ、実はソープが他の風俗よりも優れている所なんじゃないのかなって思ったんです。あれは実際のところ、他の風俗にはない部分なんじゃないのかなって思ったんです。だからソープって、ただ単に女の子と最高の快感を得られるというだけじゃなくて、いろんな楽しさが待っているものなんだなってことに気付かされたんです。

なぜかいつもソープに…でもそれが必然

風俗に行くのはいろんな気持ちからのものなんですけど、その中ではソープが一番というか、別格かなって思っています。ソープが別格なのはやっぱり男としての本能を満たしたいからこそと言うか、他の風俗で超えられない壁を簡単に超えられるじゃないですか。ということで男の本能を満たすという点ではソープ以上の存在は無いだろうってことでソープに行くんです。ソープで遊んでいると思うんですけど、やっぱりこれはもう別格なんです。理屈じゃないというか、男が求めているものを得られるという点ではソープ以上のものはないんじゃないですかね。だからソープって自分だけじゃなく、男にとって最高の時間を演出出来るってことなんじゃないのかなって思いますし、むしろそれによってソープでの時間がより楽しいと感じられるものになるんじゃないのかなって気持ちもありますので、風俗で遊ぶ時にはソープ。それがある意味では当たり前というか、ソープにしておけば間違いないなって。