高3の時の同級生が風俗嬢

遊んでいると燃えてくることが多い

風俗では遊ぶ前の段階でそこまでも得ているってことはないんですよね。でも、遊んでいるとどんどん気持ちが燃えてくるというシチュエーションの方が多いような気がしますね。というのも、遊ぶ前の段階と言うのはまだまだ自分の気持ちがそこまで燃えていないというか、そんなに熱が入っていないのかなって思うんです。でも、遊んでいると徐々に相手の女の子に対しての感情移入というか、気持ちが入ってくるので結果的にとっても楽しい風俗の時間になると。だからポータルサイトや風俗店のホームページを見て一気にテンションを上げるというよりも、遊べばきっとテンションが高まるんだろうなと思うようなタイプの風俗嬢を選びますね。それで十分とうか、むしろそんなスタンスで選んだ方が自分にとってプラスになるということが分かりましたので、風俗で遊ぶのであればやっぱりそれが一番良いんじゃないのかなって気持ちになりましたし、何気に自分の中でのポリシーでもあるんです。

むしろイマジネーションでしょう

イマジネーションは風俗で遊ぶ際、自分にとってエンジンになってくれる部分なんです。そもそも自分が妄想が好きと言うのもありますので、常日頃からホームページを見ては相手とのプレイを妄想するんです。どんなプレイになるのかは自分のイマジネーション次第ではあるんですけどそういった妄想もまた、楽しいんですよ(笑)妄想だけなら自由ですし、何よりお金もかからないのでイマジネーションがフル回転していますし、実際に一人指名して遊ぶ時にもどういったプレイをするのかは、イマジネーションを蓄積して培った自分の欲望を形にするかどうかなんです。だから風俗で遊ぶ際に自分がとにかく大切だなって思うのはイマジネーションそのものなんですよ。スポーツの世界でもイマジネーションがとても大切だって言われているみたいですけど、スポーツ以上に風俗でもまた、イマジネーションが自分にいろいろなものをもたらしてくれて、風俗での遊びの幅を広げてくれるなって。