高3の時の同級生が風俗嬢

天気次第なんですよ、自分

風俗で遊ぶかどうかは天気次第なんです。天気が悪い時には風俗で、天気が良い時には外に出歩くんですよ。基本的には休日だけしか遊ばないので、天気が悪い時には外に出れないじゃないですか。そんな時は風俗で決まりです(笑)家にまで来てくれるんです。服を汚すこともないので洗濯物が増えることもありません。天気が良ければ自分でも「もっと楽しもう」みたいな気持ちになりますので、それでついつい遊びたいなって気持ちになるんですけど、でも天気が悪いと他に選択肢がないんですよ。そうすると、じゃあ風俗でいいかなって。優先順位が低いように思われるんですけど、むしろそういった時に楽しめるという点ではこれ以上頼れる存在はないんじゃないかなとも思うんですよね。これだけ頼りになるからこそ、自分でも好き放題に遊べるというか、遊べないなら無理をする必要もなくなりますので、そこに自分自身、大きな魅力を感じているのかもしれないんですよね。

頑張るというよりも、慎重に選ぶんです

風俗はどれだけ女の子と一緒に頑張るかじゃなくて、どれだけ自分好みの女の子を選ぶのかという点にかかっているんじゃないのかなと(笑)頑張るのは自分ではなくて風俗嬢側です。自分が出来るのは女の子に自分の好きなことをちゃんと告げることくらいであって、強いて挙げれば自分が攻めるターンの時に頑張るくらいなものですけど、でもそこも力み過ぎないようにしなければならないんです。こうして考えると、どれだけ頑張るのかではなくて自分好みの府嬢を選べるのかどうかという点にこそ、どれだけの楽しさが待っているのかがかかっていると言っても決して過言ではないんじゃないのかなと思いますので、風俗で遊ぶのであればその点こそ真剣に考えるべき部分なんじゃないのかなと思いますけどね。むしろそこをちゃんと考えれば、自ずと自分自身にとって満足出来る時間になるんじゃないかなと思いますし、それこそが風俗の楽しさを「追い求める」ということかなと。